作家一覧に戻る

日本クラフト&デザイン文化を支える作家たち

ろくろで分厚く成型した正円の木地を、 削って楕円形にした椀。 手間を惜しまない志をそこに見る。

漆/神奈川県横浜市

高橋 敏彦

Toshihiko Takahashi

 とてもユニークな形である。というのも、漆塗りの椀類といえば、丸い正円のものしか見たことがないような気がするからだ。しかし、高橋さんのこれは、楕円形。

 漆の椀はふつう、木地をろくろで成型する。そうすると必然的に正円になる。それなら、この椀は乾漆による成型なのだろうか。

 ところが、これもろくろの成型によるものなのだ。ろくろで木地を分厚く成型し、それから楕円形になるように削っていく。かなり手がかかった椀であった。

 もともと木彫の出だった高橋さんだから、木地の成型はお手のもの。漆工家の中には、木地の成型は専門家に依頼する人もあるが、高橋さんはすべての工程を自分ひとりでこなす。だからこそ、こんな形も可能になる。

 椀の内部がざらざらして見えるのは、塗った漆が半乾きのときに乾漆粉を振り撒いてあるから。6色の粉を作り、ぼかすように振り撒く。ここにも手間がかかっている。楽しく使ってもらえるような、すなおで色気がある作品を作りたい、という志が手間を惜しませないに違いない。

作家一覧に戻る
ページトップへ